武田邦彦「伊勢神宮で考えたこと」

伝統・文化
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

 武田邦彦先生の音声ブログです。

 武田先生が伊勢神宮で考えたことを全三回に渡ってお話しされています。

自然との一体感

 令和3年2月3日公開。

ポイント
  • 旧暦の正月の時期。
  • 「みそか会」との御縁。
  • 伊勢神宮の選定。
  • 自然と日本人
  • 新しき自分、新しき人生。

平等な日本、礼と誠の日本

  令和3年2月4日公開。

ポイント
  • 自然とともに生きる。
  • 日本人のための日本。
  • 礼儀を重んじる誠実な日本人。
  • 自然をよく見た。

可哀そうな日本の政治家

 令和3年2月5日公開。

ポイント
  • 穏やかな自然の中で幸福な人生。
  • 自らなしうることをして周りに貢献。
  • 政治家も、学者も、マスコミも、なんと情けないことか……。

伊勢神宮とは?

伊勢神宮について

 「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神として崇敬を集める天照大御神をお祀りする皇大神宮内宮)と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神をお祀りする豊受大神宮外宮)を始め、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社があります。これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。

伊勢神宮ホームページ『神宮について
タイトルとURLをコピーしました