高橋洋一氏は「レイシズムやファシズムに加担するような人物」か?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回の騒動の概要

 立憲民主党の石垣のりこ参議院議員が、嘉悦大学教授の高橋洋一氏を、ツイッターに「レイシズムやファシズムに加担するような人物」と投稿したことが、ネット上で物議を醸しています。

 今回は、この投稿を検証したいと思います。

「レイシズム」、「ファシズム」の意味

 まずレイシズムとファシズムの意味を確認しておきましょう。イメージ、印象で「良くないもの」程度に考えることが一番良くないことです。

「レイシズム」とは何か

 レイシズムとは何でしょうか。レイシズムは日本語にすると、人種主義となります。

 人種には元来、優劣の差が存在するという考え方です。19世紀末に欧州で、植民地支配の正当化、有色人種の差別の正当化として広まりました。

 そして、歴史上最もレイシズムが顕著に見られるのはナチスドイツのユダヤ人のホロコーストです。ユダヤ人がユダヤ人であるというだけで、ホロコーストの対象とされました。

「ファシズム」とは何か

 ファシズムとは何でしょうか。ファシズムは極右の全体主義を言います。

 イタリアのムッソリーニや、ナチスのヒトラー、スペインのフランコなどが代表的なファシスト(ファシズムの信奉者)です。

 一時期、マルクス主義的歴史学、ないしそれに同調する立場の学者から「日本にも『天皇制ファシズム』があった」などとも言われました。しかし、昭和史の重鎮である伊藤隆東京大学名誉教授が『昭和初期政治史研究──ロンドン海軍軍縮問題をめぐる諸政治集団の対抗と提携』において、日本に欧州型のファシズムがなかったことを指摘しました。以後、「天皇制ファシズム」の用語はあまり使用されなくなりました。

高橋洋一氏は「レイシズム」や「ファシズム」に加担しているのか?

 高橋洋一氏は「レイシズム」や「ファシズム」に加担しているのでしょうか。一つずつ見てみましょう。

高橋洋一氏は「レイシズム」に加担しているのか?

 高橋洋一氏は「レイシズム」に加担しているのでしょうか。私は、高橋氏が人種を優劣に分けている人には思えません。高橋氏が、人種差別的な発言やホロコーストを肯定するような発言をしていれば別ですが、そのようなものを、見たことも聞いたこともありません。石垣議員は速やかに、高橋氏が、「レイシズムに加担」している根拠を示すべきでしょう。

高橋洋一氏は「ファシズム」に加担しているのか?

 高橋洋一氏は「ファシズム」に加担しているのでしょうか。

 ファシズムと国家社会主義が密接な関係にあるのは、ナチス党の正式名称が、国家社会主義ドイツ労働者党であることからも明らかです。高橋氏が、自由主義経済を支持しており、社会主義の計画経済とは相容れない人物であることは、彼の著作に触れたことのある人なら分かるでしょう。

 確かに、右可否が理科の二曲対立軸で見た時、高橋氏は、ファシズム(極右)に近い右側の人物ではあります。しかし、それをいうなら凄まじい数の人が、「ファシズムに加担する人物」になってしまいます。高橋氏は、限りなく中道の右派だからです。

 そもそも、高橋氏は理数系のひとです。統計などにより物事を見ており、限りなく思想的な偏向はありません。これまた、石垣議員は速やかに、高橋氏が、「ファシズムに加担」している根拠を示すべきでしょう。

石垣のりこ議員と枝野幸男議員は説明責任を

 石垣議員に、高橋氏は説明を求めていますが、記事執筆時点で回答はないようです。

 高橋氏は、同様に、所属する立民代表の枝野幸男氏にも見解を求めています。そして、これまた同様に回答がありません。

 蛇足ですが、枝野幸男氏と関係が指摘される革マル派や、野党共闘を模索している日本共産党のほうが、よほどファシズムに近い気がするのは私だけでしょうか。「国家を打倒する」との考えは危険思想ではないのでしょうか。彼らと関係を持つのは良いのでしょうか、石垣のりこ議員。

コメント

タイトルとURLをコピーしました