武田邦彦の「立ち止まって」

政治
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

 武田邦彦先生の音声ブログです。2019年の9月10日から同年同月13日に連載された「立ち止まって」シリーズ、全四回。

2019年09月10日

何を楽しみにテレビを見ているのか?

 いつ、「文脈」を取らず「一部切り取り」に注目する社会になったのか? 昔から文脈に反することを伝えるとバカにされたのに、今では一部切り取る人が威張っている? ゴゴスマ問題を考える。

2019年09月11日

医師の限界と病院への誘導

 健康、未病、病院……誰がどこを担当するのか? 医師が健康を扱うときにおこるミス。

2019年09月12日

故意の誤報は刑事罰が良い

 人の発言を伝えるとき、全体を伝えず部分だけを切り取る行為を「情報操作罪」とできないか? これまでは身体に被害を与えると罪だが、今後は判断力を誤らせる罪が必要か? ゴゴスマ問題を考える、第二回。

2019年09月13日

エネルギー安全保障
  • エネルギーは難しいのに素人参戦が多い
  • 多様化はダメ、正面勝負
  • 日本の決め手は技術
タイトルとURLをコピーしました