福島原発トリチウム「汚染水」はどこから出ているのか?〜学問の自由と社会の安全

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

 武田邦彦先生の音声ブログです。

 テーマは、福島第一原発のトリチウム「汚染水」の海洋放出問題です。この問題の本質は一体どこにあるのでしょうか?

ニュース概要

 東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水を浄化した後の処理水について、政府は13日、関係閣僚会議を開き、海洋放出する方針を正式に決めた。専用設備の工事や審査などを経て、2年後をめどに海洋放出に着手する。残留する放射性物質トリチウムは濃度が国の基準の40分の1未満になるよう薄める。2041~51年ごろの廃炉完了目標までに放出を終える予定だ。

産経ニュース『処理水の海洋放出は2年後めど 政府決定、全漁連「強く抗議」』
タイトルとURLをコピーしました