GSOMIA外交で日本勝利~韓国問題は顕在である点に留意せよ

空にはためく韓国の国旗。政治
大韓民国の国旗、太極旗。
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

GSOMIA外交を概観する

 GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄が土壇場で延期されました。

 韓国側では「日本に外交で勝利した」との言説もなされているそうですが、客観的に考えれば、韓国側の敗北でしょう。

 しかし、同時に韓国の首の皮一枚繋がったのも事実です。というのも、韓国には協定破棄のデメリットが大きすぎるからです。韓国はある意味理性的な判断をしたわけです。韓国のことですから、感情に任せて、協定破棄との暴挙に出る可能性も大いにありましたから。

GSOMIA外交になぜ勝てたのか?──日本は「押せば引く国」にあらず

 日本は、なぜGSOMIA外交に勝利できたのでしょうか。

 今回、韓国側は無茶苦茶な要求をしていました。「GSOMIAを延長してほしければ日本は輸出管理厳格化をやめろ」と要求していたわけです。日本側が、受け入れられるわけのない要求です。

 受け入れられるわけのない要求に対しては、「受け入れられない」というべきなのです。しかし、今までの日本は受け入れてきました。古くは日韓請求権協定、近年では慰安婦合意。日本は「押せば引く国」だと韓国に見られてしまっていたのです。

 しかし今回、「受け入れられない」とはっきりと突っぱねたわけです。日本は今後、「押されても引かない国」にならなくてはなりません。

韓国問題は解決したのか?──今後の日韓関係

 今回、GSOMIAの破棄が延期されたことで韓国問題が解決したわけではありません。むしろ何一つとして解決していません。そもそも、GSOMIA自体、「延期」しただけでいつ破棄するかもしれないわけです。

 冒頭に「韓国が首の皮一枚つながった」と書きましたが、GSOMIAは韓国が「普通の国」でいるための必要十分条件なのです。GSOMIAを破棄する、イコールアメリカに見捨てられることを意味するからです。アメリカに見捨てられれば、韓国は、中国の属国となるか、北朝鮮手動で南北統一されるかしかありません。

 これは、韓国だけの問題ではありません。韓国が中国ないし北朝鮮の配下となれば日本も非常に困るのです。なぜなら、三十八度線が対馬海峡まで降りてくるからです。

 日本は、日進戦争・日露戦争をなぜ戦ったのでしょうか。大陸の敵対勢力が北緯三十九度(三十八度ではない)より南に来たら国土防衛ができないからです。もしも、朝鮮半島全体が、日本に敵対していた場合洗浄が日本本土となってしまいます。例えば、元寇です。高麗が元に制圧された結果、蒙古軍(多数の高麗軍を含む)に、津島・壱岐の人々はひどい目にあったわけです。

 朝鮮半島の南側には日本と基本的価値観を共有する国があってくれなければ困るわけです。

 しかし、韓国は基本的価値観が通じない国となりつつあります。昨年のレーダー照射はそれを如実に表す出来事でした。明らかに、日本の敵対勢力に韓国はなりつつあります。このボーダーラインが、GSOMIAなわけです。現在かろうじて、韓国は日本やアメリカとの付き合いを継続していますがどうなるか……。

 GSOMIAが破棄される時が、韓国が自ら日本の敵対勢力となることを宣言したときなわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました